東屋の歴史

東屋は光沢加工資材及び包装資材の取り扱いに特化した代理店です

東屋の歴史は創業者である中村政雄が、1949年に自宅で創業し、紙用塗料の製造販売を始めたところからスタートしました。当時の紙用塗料は、主に缶詰のラベル等に用いられ、ユーザーであった職人が手刷毛で塗装し直火で乾燥させていた時代です。中村政雄は自ら自転車の荷台に塗料を載せて、1日に何度も配達し、ユーザーとの対話を重ねていきました。
その頃は戦後の復興期でもあり、夫婦二人で始めた事業は順調に売り上げを伸ばします。

その後1970年代になり、東屋は本格的なWETラミネーション用PPフィルムの販売に携わります。それまでフィルムと言えば、”ビニール貼り”と呼ばれる、PVCフィルムと接着剤を用いるラミネートが行われていましたが、より仕上がりが良く、優れた堅牢度が評価され、PPフィルムの採用が広がりました。東屋は品質の良い国内メーカーのPPフィルムを対象に、業界のニーズを踏まえて在庫をふんだんに抱えることで短納期を実現し、PPフィルムの販売を大幅に増加させます。

時は更に流れ1988年。東屋は、需要家のニーズを踏まえ、サーマルラミネートフィルムの販売を開始します。
メーカーは世界に先駆けてサーマルラミネートフィルムを開発した和田化学工業株式会社(現ジェイフィルム株式会社)。WET ラミネートフィルムに対し、当然製造コストが高いサーマルラミネートフィルムではありましたが、中村政雄は「火災の心配がない」という魅力にいち早く飛びつき、低マージンになることを厭わず積極的に販売活動を行いました。その努力の結果、サーマルラミネートフィルムの長所が市場に受け入れられる様になり、販売は年々拡大し、今日の日本市場では、そして何より東屋においても欠かすことのできない製品となりました。

東屋は市場との対話を通じ、その時々のニーズを踏まえ、市場の歴史的な転換期の立役者の一員として付加価値製品の導入に携わってきました。
全ては印刷物の晴れ舞台を最高に輝いたものにする為に。

東屋は100年企業に向け、変化する市場と共に変化を続けます。

会社概要

社名 株式会社東屋
本社所在地 〒335-0005 
埼玉県蕨市錦町1-1-13
代表番号 048-447-5800
FAX 048-447-5802
代表者 蝦名浩二
資本金 10,000,000円
創立年 1949年
従業員数 15名(2019年1月31日現在)
業務内容 印刷物光沢化工用の資材販売

アクセスマップ

電車でお越しの場合は、JR埼京線戸田駅より徒歩約15分、JR京浜東北線蕨駅より徒歩約20分。
お車でお越しの場合は、弊社駐車場をご利用下さい。

CONTACT US

お問い合わせはこちら

お問い合わせ